失敗しないために

電話代行サービスを失敗しないためには、電話代行サービスの落とし穴も知っておくことが必要です。例えば電話代行サービスは価格競争が激しいので、高いところから安いところまでとても幅があります。どうしても経費節減のために安いサービスを選ぶことも多いようですが、サービスが安いにはそれなりの理由がないだろうかという目で見ることも大切です。

まずコール無制限でお得という謳い文句に注意しましょう。安い質の低い電話代行サービスでは、昼真でもパート一人で対応していることが多いと言われています。そして電話代行サービス側の事務所維持、設備費などを考えると、100件は必要と言われているのです。つまり対応する人間が1人程度で、100件の会社へ掛かってくる電話に対応するわけです。その上コール無制限となるとそれは無理。結局電話を掛けてくるお客様からすれば、いつもお話中ということになります。かかってきた電話を丁寧に対処してくれることなどあり得ないということになるのです。

つまり安いということは、それだけ電話代行サービスの経費のことを考えると、十分な人件費を払うことはできないはずなのです。どんなに良いことを謳っていたとしても、基本的なことを考えると利用料金が安い電話代行サービスは、デメリットが多いということが言えることも知っておきましょう。